追悼 大塚愛魚心さん

11月3日に大塚愛魚心さんがご逝去されました。愛魚心さん追悼のページを作成し、写真や愛魚心さんとの思い出を載せたいと思います。

皆さんの愛魚心さんとの思い出を、掲示板への書き込みやメールでお寄せいただければ、このページに掲載していきたいと思います。

 

 

世の中は、理不尽なもので、心根の良い人ほど先に逝ってしまうものですね。

愛魚心様のご冥福をお祈りいたします。

合掌 小池富士仙人

 

 

50年以上、彼は私を「センパイ」と呼び、私は「タカユキ」「タカちゃん」と呼んできました。小中学校の2年歳下、彼とどんなかたちで出会ったのか、思い出せないでいます。子供のころから釣堀が好きで、四ツ谷園、根岸園といった浦和のヘラブナ釣堀によく出かけました。学生の頃には夏合宿と称してふじみ荘に泊まり込み、精進湖、千代田湖、田貫湖などで毎年釣りを楽しみました。お世辞にも釣りが上手ではありませんでしたから愛魚心というあだ名もつきました。でも、釣りを楽しむことに関しては名人でしたね。釣りがとりもつ縁でしたが、果たせなかった約束があります。一昨年、タナゴ釣りに出かけようと意気投合し、二人で楽しみにしていたことが心残りです。

黄泉の国では今度は彼がセンパイになるのですね。

合掌 雨宮大もじり

 

 

皆様の大塚さんへの思い出などのメッセージを拝見しているだけで涙が止まりません。良い仲間と釣りができて大塚さんは幸せだと思います。

合掌 碇新魚

 

 

愛魚心さんの思い出

愛魚心さんとは、トライアル発会以来のお付き合いですね。私が長らく休会してからの復帰後、富里での初例会でいつものように温かく迎えてくれて本当にありがとうございました。よく和田さんと並んでまったり、ほんわか、楽しく釣りをされている姿を拝見させていただきましたが、いつか私もあの暖かな時の過ごし方を目標にしていきたいと思っています。

今年の1月4日、半田さんと初釣りで中之島に見えられている所にお邪魔し、楽しい竹竿談義をさせて頂いた事は、今でも思い出の一つです。

もっと竹竿の話がしたかった。

愛魚心さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

合掌 レジェンド金山

 

 

大塚さんへ

30年から前ですが、自分が社会人1年目の事。研修に行くため山手線に乗っていたらばったり大塚さんと会いました。どこまで行くのと聞かれたので、新橋ですと答えたら美味しい珈琲を出す店があるからちょっと寄って行こうと言われました。その店のおすすめはマンデリンで、釣りの話をしながら確かに美味しい珈琲を頂きました。結局奢って頂き私は研修に行きましたが、今でもあの時の珈琲を時々思い出します。

大塚さん、いつかまた珈琲飲みましょう。

合掌 杉田大雷魚

 

 

大塚愛魚心さんのご冥福を心よりお祈りします。

素敵な釣りネームだなと思っていました。

合掌 小湊水先案内

 

 

本当に残念です。もう一度一緒に釣りができると思っていたのに…

ご冥福をお祈りいたします。

合掌 田中尺半

 

 

あまりにも早すぎるご逝去に言葉もありません。ついこの前まで健太郎のお店で楽しくお食事をしていたのが、嘘の様です。

ご冥福をお祈り申し上げます。三途の川でも愛魚されている事と思います。

合掌 梶魚神

 

 

愛魚心さんを偲んで

大塚愛魚心さんは、魚・釣り場・釣り道具を愛した、こだわりの釣り師だったのだと思います。

愛魚心さんとの思い出はたくさんあるので、いくつか書きます。

○釣り竿について

竹竿を多数持っていましたが、『むさしの幸生』がお気に入りでした。また、カーボンロッドは初代朱門峰・特作一天・特作伊吹など、柔らかめの調子を好んでいたようです。

初代朱門峰は15年ほど前に精進湖に行った際、魚(おそらく巨大魚)に持っていかれてしまいました。魚に引きずられた竿が、5mほど先の水面に垂直に立ち、ゆっくりと沈みながら握りのあたりでモヤモヤともんだ後、スッパッと消し込みました。あの見事な竿消し込みは、今でも目に焼き付いています。

その当時、精進湖も愛魚心さんのお気に入りの釣り場でしたが、その後あまり行かなくなりました。

○浮きについて

「ウキは、浮いてれば何でも良い。」と言いながらも、こだわりはあったようで『くし玉幸』を愛用していました。

思うように浮きが動かないと、「このタヌキ浮き!」と言って怒っていましたが、あれは浮きのせいでは無かったと思います。

○エサについて

今はもう廃番になってしまった『ふまつげん』を愛用しており、ボソボソの素練りを針にチョンと付けて振り込み、しばらくすると突然消し込んで釣れる不思議な釣りで、カラツンに悩む周囲を見回し、「これがタテジマ効果だ!(『ふまつげん』のパッケージが縦縞模様でした)」と言いながらドヤ顔をしていた事が思い出されます。

〇愛魚心さんへ

おそらく、三途の川の岸辺には古びた釣り道具屋が建っており、『ふまつげん』も残っていると思いますので、思う存分釣りを楽しんでください。だいぶ先になると思いますが、私もお邪魔します。

合掌 若山ゲンゾー

 

 

大塚さん、有難うございました

闘病中とは聞いていましたが、突然の訃報に驚いております。

長く釣りをしていなかった私がトライアルクラブに入会して間もない頃、余りにも釣れないのを見かねて色々アドバイスして頂いたのが昨日のようです。

甘いものをいつも手にしていましたね。

例会が終わってみんなが帰路につく頃、更に遠くの信州聖湖にこのまま出かけるという羨ましい釣り人生を歩んでおられました。私も体調が悪く今年はほとんど休会状態だった為、最後にお会いしたのはいつだったかとわからない位、もう会えないと思うと残念です。心よりご冥福をお祈りします。

合掌 高橋啓魚

 

 

大塚さんのご冥福をお祈りします。

大塚さんは50歳を過ぎた頃から、

・好きな釣場は、道満、神扇、石屋下、そして信州聖湖等々。

・雨の日は釣りをしない。

・ボート釣りはしない。

1枚を釣るのに苦労する釣場が好きで、自分で計画した釣行を雨の予報で早々と中止にしたり、ボートは歩き回れないから嫌だ等々。本当にわがままで、釣りも人生も見事にマイペースを崩しませんでしたね。

でも、周りがそれを許してしまうのは、あなたの人への気配り、親しみやすさ、優しさでした。私にいつもお気にかけていただき、ありがとうございました。このご恩は決して忘れません。

9月24日、握手して「また来ます」が最後に交わした言葉になってしまいました。これから一緒に釣りをしたり、話をすることができないのが本当に残念で悔しいです。でも、あと何十年かしたらまたお会いできるような気もします。お世話になりました。

合掌 和田西湖釣

 

 

愛魚心さんは、トライアルクラブ草創の頃から加入され、例会でご活躍いただきました。1984年12月桃源境例会で優勝、2003年3月逆井HC例会で2位に入賞されています。近年は、舟釣りは辛いとのことで、桟橋の釣り場の例会にご参加いただき、気の合った仲間との釣りを楽しむというスタンスでした。本当にヘラブナ釣りを愛し、「愛魚心」の他に「悪鬼釣」のふたつ名を持ち真摯にヘラブナ釣りと向き合っていました。

例会での思い出も沢山ありますが、今では恒例となったトライアルクラブメンバーの年末釣行へ最初に参加をいただき、川越FCの年納めの大会に何度かご一緒したのが一番の思い出です。

合掌 田野大黒柱

2014年~2016年

2010年~2013年

2008年~2009年

2003年~2007年