2017年4月例会報告

 4月例会は、精進湖の予定でしたが、精進湖の釣況が好転せず、昨年に続き三名湖での開催に変更となりました。

 今月も天気に恵まれ、晴天の朝は、少し冷え込みましたが、日中は気温が上がり、上着を脱ぐほどの暖かさとなりました。風も強くは吹かず、しかも、多くの会員が入釣した大手張桟橋の岸向きは、風を背中から受ける風向きとなりました。

 浅ダナ、底釣り、チョーチンと釣り方にかかわらず、良く釣れた一日でしたが、桟橋周りだけでなく、岸寄りの底釣りでも新ベラが少なく、気難しい旧ベラが相手となったため、食いアタリが出るのは、バラケ次第となり、今月もバラケの調整に苦労する一日でした。

 今月のトップ釣果は、枚数も同じで2名の同量となりました。トライアルクラブ内のルールにより、年長者の優勝となりました。

 優勝は、雨宮大もじり氏です。地元の三名湖常連さんから情報収集し、大手張桟橋岸向きで第2出っ張り付近に入り、21尺2本半のバランスの底釣りをしました。グルテンセットでバラケはオツリがくるほどのカタネバに、クワセは凄グルのポリ袋作りと新技を駆使しました。釣れる時間帯に波があったとのことですが、バラグルでヘラの気配が濃くなると両グルにして、薄くなるとバラグルに戻して釣っていきました。食い渋った午後は、段底に変更して釣果を伸ばし59枚35.0kgで、同量でしたが年長者ルールにより優勝です。

 もう一人の同量は、レジェンド金山氏です。大手張桟橋の大もじり氏の隣で、底釣りも可能だったものの、試釣を入れて昨年優勝した岸向きの底釣りを捨て、11尺浅ダナ感嘆セットで釣りきりました。抜きセットでしたが、上から抜いてしまうと食いアタリが出ないことから、バラケのエサ付けを1目盛位なじんですぐに抜けるようにして、ヘラを上から追わせて釣りました。午後の食い渋った時間帯は、カラツンが多くなったことから、バラケを締めて小さく付け、2目盛なじませるようにし、なじんでドンと入る大きな当たりを取っていきました。ヘラの食い気が変わったところも見事に対応して59枚35.0kgの同量でしたが、年少のため2位です。

 3位は、寺野砲丸氏です。大半の会員が大手張桟橋に入ったところを、水先案内氏と2人で大土手桟橋の船着き場寄りに入り、9尺カッツケウドンセットで釣りました。やはり試釣を入れ、チョーチン釣りが良くなく、1mダナではアタリを出すのが難しかったとのことで、水面下の気難しいヘラをバラケの調整で振り向かせ、受けを出させてのドンというアタリで釣っていきました。昼過ぎで約40枚を釣っていたものの、午後は食い渋った上に、風が斜め前から吹いてきて失速してしまいました。それでも、43枚を釣り26.0kgで3位です。

 今年の三名湖は、桜が満開で風が吹くと桜吹雪となっていました。桜は見る分にはとても綺麗で良かったのですが、散った花びらなどが湖面に浮いており、風向きによってはこれが流れて釣り難くなってしまいました。しかし、船宿の光月さんより、桜の花びら等を避けるために撒く米ぬかを提供していただき、釣り難さの回避をすることが出来ました。