西湖根場地区で2回目の開催となる8月例会は、他の例会も無く、一般の釣り人も数人でした。しかし、夏前からの減水傾向は解消されておらず、例会日も2mの減水と大きく水位が下がったままでヘラの食い渋りが心配されました。

 天気は、くもり時々晴れの一日で、朝は涼しく日中に日が差したときは暑くなりましたが、弱い風があって過ごし易く、パラソルの下の日陰では快適でした。

 一般の釣り人は、エゴから高松方面へ行ったため、ユース下、沖ブナイ、供養塔、高松へ分散して入釣しました。各ポイントにうまく散らばり、混雑が避けられたことから好釣果が期待されましたが、ヘラの食いは渋く、小まめなエサの調整だけでなく、食い渋って口を使わないヘラに合わせた釣り方を選択する必要がありました。

 優勝は、杉田大雷魚氏です。エゴ方面を狙っていましたが、エゴの混雑が予想されたことから、沖ブナイの岩盤寄りの振れ止めロープの際に入り、18尺チョーチントロロセットで始めました。アタリ出しが遅く、アタリも少なかったのですが、アタリはドカッと入りポツポツながら9時までに10枚を釣りました。しかし、時間と共にアタリが減ったことから、感嘆セット変更しました。感嘆セットに変えてアタリは増えたものの、カラツンも多かったとはいうことでしたが、周囲が沈黙する中、コンスタントに竿を絞っていました。さらに食い渋った午後にはオカメセット変更してヘラを拾っていき、合計30枚17.8kgで優勝です。

 2位は、レジェンド金山氏です。出舟時にオールが折れるというアクシデントに見舞われましたが、一本オールで沖ブナイロープに漕ぎつきました。11尺浅ダナ感嘆セットでスタートダッシュをきめて、朝の1時間で8枚を釣りました。しかし、次第にアタリが無くなっていき、バラケの調整に苦労することとなりました。バラケを締めて小さく付けてやるとカラツンが出るようになり、カラツンの中から食いアタリを取って釣りました。さらにタナを探りチョーチンダナまで深くしてアタリを出させ釣っていきました。午後には、竿を21尺に変えチョーチンオカメセットでヘラを拾っていき24枚13.8kgで2位です。

 3位は、村上両ダンゴ氏です。ユース下ロープに大鯰魚氏と2人で入り、10尺チョーチンで、代名詞の両ダンゴで釣り切りました。粘麩、もじり、藻べらのダンゴを良く練って藻べらで締めて、寄せることを意識して釣っていきました。ヘラが食うのはヤワエサでしたが、寄せる、食わせるの切り替えをしながら釣り、良型ヘラを揃え19枚12.2kgで3位です。

 減水の影響は大きく、ヘラの食いが立ったのは、朝のほんのひと時だけでした。時間が経つにつれてアタリが無くなっていき、水面下にヘラが見えていてもアタリが出ませんでした。確実な釣り方はオカメセットで硬いバラケでじっくり待つという、典型的な食い渋りの釣り方になっていました。