4月例会は、三名湖桟橋での開催となります。桟橋フリーですが、この時期はヘラが岸寄りを回遊するため、大もじり氏に大手張桟橋の岸向きに予約を入れていただき、ここに多くの会員が入って、大土手桟橋に入釣したのは2名でした。

 朝は、やや冷え込みましたが、天気に恵まれ、日中は晴天微風の釣り日和となりました。風も強くは吹かず、次第に気温が上がり暑いくらいの一日でした。

 釣況としては底釣りが良いと思われましたが、浅ダナ、チョーチンでも良く釣れた一日でした。やはり、岸向きで釣った方が型が良く、新ベラが揃うという訳では無かったものの、旧ベラでも型の良いヘラが釣れたようでした。

 優勝は、杉田大雷魚氏です。大もじり氏の情報から大手張桟橋岸向きで第2出っ張り付近に入り、19尺3本のバランスの底釣りをしました。グルテンセットでボソ目に作ったバラケを手水で調整しながら、硬めからヤワまで打ち分けて釣っていきました。岸向きに打ち込むため、逆カケアガリの底になるのですが、底の変化が激しく、まるで壁に打っているようだったとのことでした。とはいえ、底を切るとアタリが無くなり、あくまでエサは底に付けるイメージで、ナジミ際にサワリがあると直ぐにアタリが出たということで、昼頃までに45枚を釣りました。しかし、午後になるとアタリが切れてしまったため、10尺浅ダナ力玉セットに変更して20枚を釣り、合計65枚34.8kgで優勝です。

 2位は、レジェンド金山氏です。大手張桟橋で第1と第2出っ張りの間に入り、11尺1m感嘆セットで釣りました。抜きセットで、ナジミがエサ落ちメモリにいくまでに、バラケの負荷がなくなるようにエサ付けし、ヘラを上から追わせて釣りました。アタリは、ナジミ際かなじんで直ぐのズバッと入るアタリで、昼までに40枚を釣りました。午後になると食い渋ってしまい、カラツンに悩まされることになりましたが、バラケの調整、エサ付けの大小など変化をつけて食いアタリを引き出して、10枚を追加し合計50枚27.1kgで2位です。

 3位は、田野大黒柱です。大半の会員が大手張桟橋に入ったところを、青天井氏と2人で大土手桟橋のひとつ目の階段付近の釣り座に本湖向きで入釣しました。10尺1m力玉セットで始めて、タナを探りながら釣りました。1mから30cmまでタナをいじりながら釣り、80cmに落ち着きました。バラケはやや持たせ気味にして、1目盛位なじんで直ぐに切れるようバラケを付けて、なじんで少し待ってのツンを取っていきました。バラケが手水や経時変化で粘りが出たらパワーXで調整して釣り、クワセも力玉とサナギ感嘆を使い分けて52枚を釣りましたが、型が小さく24.1kgで3位です。

 今年は桜の開花が早く、桜はすでに葉桜となっていました。しかし、水面には桜のがくなどの小さなごみが湖面に浮いており、今回も米ぬかを撒いて、釣り難さの回避をすることとなりました。