西湖根場地区での開催が今年2回目となる8月例会は、思いの外、涼しい一日となりました。連日猛暑が続いていましたが、寒冷前線が通過した後に秋の空気に包まれたことから、朝は肌寒いほどでウィンドブレーカーを着込んでの出舟となりました。

 引き舟に10人が連なって、供養塔、エゴ、高松へ向かい、残りの4人が舟を漕ぎだし沖ブナイなどへ向かいました。

 急な冷え込みのせいか、ヘラの食いは今ひとつでエサを打つ水面の付近には寄るものの、なかなか食いアタリを出さず、セットでもバラケを調整して釣らないとアタリが出ない状況で、食わないのにダンゴへの反応が強くエサ合わせに苦労する一日となってしまいました。

 優勝は、レジェンド金山氏です。エゴロープののどっ首寄りに入り、11尺1m感嘆セットで始めました。バラケを持たせぎみにして打っていったのですが、アタリが散発で朝の食いが立つ時間帯で3枚と苦戦しました。バラケに粒戦を大量投入したところ、食いアタリが出るようになり13枚を追加しました。しかし、バラケへの反応が強いことから、カルネバ、浅ダナ1本、水、マッハ、パウダーベイトヘラを各1ずつの両ダンゴに変更しました。風が強くなったところで、チョーチン両ダンゴに変更して、午後からは21尺チョーチン両ダンゴで深場のヘラを攻めて合計30枚を釣り17.0kgで優勝です。

 2位は、田野大黒柱が入りました。エゴロープの供養塔寄りに入り、11尺1m力玉セットで始めました。一枚目はすぐに釣れたのですが、その後はカラツンからアタリを失ってしまいました。バラケを手水とマッハで調整して、さらにタナを探って1.2m~60cmまで試した結果、80cmでアタリを多くもらえるようになり昼食までで13枚を釣りました。昼食後は風が強くなっていたことから、11尺チョーチントロロセットに変更しました。釣り始めはチッやチクのアタリで釣れ、次第にツンや消し込みのアタリになったのですが、釣り始めの小さいアタリのときは食いアタリが続き変更後の1時間で8枚を釣りました。午後は風流れでなかなかアタリが出なかったのものの、浅ダナと同じ13枚を釣り合計26枚15.5kgで2位です。

 3位は、若山ゲンゾー氏です。エゴロープののどっ首寄り、レジェンド氏の隣に入り18尺チョーチンで釣り切りました。朝は、感嘆、力玉ハードⅡ、力玉ハードⅢを食わせにセット釣りで始めましたが、バラケを食ってくることが多いことから、10時頃にバラケを手直しした両ダンゴに変更しました。短めのハリスでフカセない様にして、上げツン、揉んでヅンのアタリを取って、何度も立ち上がって取り込むほどの良型を釣り込みました。特に午後はペース良く釣り27枚を釣ったのですが、1枚フラシから飛び出してしまい、本当は2位だったところ100g差の15.4kgで3位です。

 移動性の高気圧に覆われ穏やかな晴れかと思っていたら、予報では晴れで東寄りの風が強くなるということでした。しかし、風は東に西にところころと向きを変えて次第に強くなっていきました。午後は風流れが出てしまい、ただでさえアタリが出ないところ、ウキが流されたりシモったりしてさらに釣り難くなってしまいました。